からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

【歌舞伎】歌舞伎座 二月大歌舞伎 夜の部 鑑賞記録

f:id:karamomonikki:20190206112841j:plain

こんにちは😊 からもも です

 

歌舞伎座

二月大歌舞伎 夜の部

観てきました。

 

  

 演目(引用)

熊谷陣屋(くまがいじんや )

儚きは戦乱の世か人の世か

 

當年祝春駒

(あたるとしいわうはるこま)

 晴れやかなる祝儀舞踊

 

初世尾上辰之助三十三回忌引追善狂言

名月八幡祭

(めいげつはちまんまつり)

 悲劇の結末に輝く十五夜の月

 

f:id:karamomonikki:20190206113917j:plain

 

 あらすじ・感想

熊谷陣屋

源平争乱の時代、源氏の武将熊谷直実中村吉右衛門)は平敦盛の首を討ち取ったと語りますが、実は後白河天皇のご落胤である敦盛の命を助けるため、我が子である小次郎を身替りに殺していたのです。

陣屋に現れた源義経尾上菊之助)の前で敦盛の首実検をするのですが、そこには小次郎の首があります。

思いもよらぬことに敦盛の母藤の方中村雀右衛門)と小次郎の母相模中村魁春)は激しく動揺します。

…というのがザックリしたあらすじなのですが、なんという悲しく残酷なお話でしょう。

大昔の戦乱の世の中では位の高い人の命を守るために、我が子の命を差し出すなんてことが当たり前のようにあったのでしょうか?

今ではとても考えられないお話ですね。

殺された我が子の首を見たりしたら、私なら取り乱す前に失神してしまい、二度と立ち上がれないと思います。

 

 當年祝春駒

春駒とは、馬の首をかたどった作り物を手に、様々に囃しながら家々を回ったお正月の門付芸のことだそうです。

その春駒売りに身をやつし、親の仇である工藤左衛門祐経中村梅玉)の屋敷に入り込む曽我兄弟中村錦之助尾上左近)の長唄舞踊。

仇討のお話ではありますが、お正月の衣装も美しく、華やかな舞踊でありました。

曽我兄弟の弟 曽我五郎は中学1年生の尾上左近さん。

子役時代を終え、お役が少ない年齢ですが、今月はおじい様にあたる初世尾上辰之助さんの三十三回忌追善公演ということで自ら望んで大人のお役を務められたようです。

同世代には市川染五郎さん市川団子さんといった人気のある役者さんが揃っています。

これからも切磋琢磨し揃ってご活躍いただきたいと思いました。

 

名月八幡祭り

越後の実直な行商人縮屋新助尾上松緑)は奔放な深川芸者の美代吉坂東玉三郎)に密かに想いをよせています。

美代吉は旦那持ちである上に情夫である船頭三次片岡仁左衛門)に貢いでいます。

深川大祭に必要なお金に困った美代吉は新助に工面をすがります。

美代吉と一緒になれると思った新助は故郷の家や田畑をお金に換えますが、旦那からの手切れ金で工面できた美代吉は一変、新助に冷たい態度を取るようになりました。

裏切られ全てを失った新助は気がふれてしまい…。というのがあらすじです。

新助役の尾上松緑さんは初世尾上辰之助さんのご長男

失礼ながら私は、歌舞伎を観に行くようになるまで松緑さんを存じ上げませんでしたが、舞台の上での存在感と伸びやかな声に魅了され、好きな役者さんの一人となりました。

お父様の追善狂言である今作では、恋に破れ裏切られ全てを失い狂乱した新助の姿を熱演されていました。

余談ですが、ここで言う八幡とは深川八幡のこと、現在の富岡八幡宮です。

富岡八幡と言えば数年前に衝撃的で凄惨な事件がありましたね。

その後どうなっているのでしょうか?

 

 おまけ 

f:id:karamomonikki:20190206114008j:plain
f:id:karamomonikki:20190206114012j:plain

歌舞伎座では幕間で食べるお弁当や   甘味も楽しみなんですが、私は写真の   目出鯛焼を良く食べています😊

中味はあんこだけでなく紅白のおもちが入っているんです。

だから目出鯛焼なんですね。

3階の売店で、開演前と幕間の時間に合わせて焼いているので、熱々をいただけますよ😋

 

 

 二月大歌舞伎 詳細はこちらへ

 ↓ ↓ ↓

www.kabuki-bito.jp

 

 からもも