からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

発達障害(自閉症)の子育て経験<30>スマホの活用

f:id:karamomonikki:20190524093224j:plain

 

こんにちは😃  からもも  です。

 

私の子供 Nは発達障害

知的障害のある自閉症です。

今はもう成人し働いています。

 

初めての方はこちらもお読みいただけると嬉しいです。↓

www.karamomonikki.fu

  

Nは高校生になってから携帯電話(ガラケー)を持つようになりました。

 

(中学校までは携帯禁止だったので、位置検索できる端末を持たせ、学校に着いたらボタンを押せば私に到着メールが届くようになっていました。)

 

高校では就労に向けて、携帯を使えるようになることも訓練として推奨されていました。

 

職場実習の帰りには

「実習おわりました。これから帰ります。」

と携帯で学校に連絡を入れることも決まり事でした。

 

 

 

 

高校を卒業し福祉作業所に入るタイミングで、3歳違いの妹が高校生になり、ガラケーからスマホに変えました。

 

Nはまだガラケーでいいかなと思ったのですが、障害があるとは言え、年下の妹がスマホになり、家族の中でNだけがガラケーでは可哀想かなと思い、同じタイミングでスマホに変える事にしました。

 

障害のある子供にスマホを持たせるのは心配な事もあります。

 

見て欲しくない画像や動画を見てしまわないかとか、ゲームで課金してしまわないかとか‥

 

それでスマホは持たせないご家庭もありますが、Nの場合は幸い(?)そこまでの知能が無いので、決まった機能しか使いません。

 

電話・メール・LINE・YouTube  くらいです。

 

最近ではYouTubeで「パプリカ」を聞くのがブームのようです。

 

そして、LINEで写真を送る事がNにとっては大きな楽しみになっています。

 

出かけた先で撮った景色や食べた物などの写真を、LINE友達の人に送ります。

 

LINE友達はほとんどは大人で、おばあちゃんはじめ、親族や同級生のお母さん方などです。

 

大人であれば優しく対応してくれて

良かったね〜      とか

美味しそうだね〜  とか

返信してくれたり、スタンプを送ってくれるので、それがとても嬉しいようです。

 

逆に私もNの同級生のLINE友達になっていて、毎日送られてくる食事の写真にスタンプを送っています。

 

 

 

 

Nはグループホームで離れて暮らしているので、LINEで連絡を取れる事が私にとっても安心材料になっています。

 

 

グループホームでのイベントの写真を送ってもらえると、楽しそうに過ごせているのがわかり、安心します。

 

私もNもiPhoneなので、友達を探すアプリで位置検索して、職場に着いているとか、グループホームに戻っているとか、確認することもできます。

 

知的障害は決して軽くないNですが、自閉症とは不思議な障害で、スマホを使うようなことはそれほど教えなくても自然とどんどん出来るようになりました。

 

スマホのおかげで離れて暮らしていてもコミュニケーションがとりやすく、安心する事も出来て助かっています。

 

  

クリックのご協力お願いいたしますm(__)m 

       ↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村