からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

発達障害の子育て経験<20>朝の電話

f:id:karamomonikki:20181115151658j:plain

こんにちは😃  からもも  です。

 

私の子供 Nは発達障害

知的障害のある自閉症です。

今はもう成人し働いています。

 

初めての方はこちらもお読みいただけると嬉しいです。↓

www.karamomonikki.fun

 


 

朝の家事をしていて気づかずにいたら、Nからスマホに3件の着信

 

折り返しかけてみたら

「雨の靴と長い傘で来ました」

「いまどこにいるの?」

「バスの中です」

「バスの中で電話しちゃダメよ」

「はい」

 

それだけで切りました。

 

 

 

なんで電話してきたんだろう?

 

バスの中から連絡してくることは良くあるけれど

いつもはラインなのに‥

 

雨の身支度をしてきたよ…という報告ですが

こんなとき私は深読みします。

 

もしかしたら、なにか困ったことや嫌なことがあったのかな?

 

言語能力が低いNは、機嫌が悪いとぜんぜん関係ないことで我儘言ったりして、訴えてくることがあるのです。

 

グループホームに入り、一人で職場に通い、今は手がかからないNですが、やはり心配は尽きません。

 

時には通勤の様子も見に行かないと、知らない間に何か問題が起こっているかもしれません。

 

Nのことは信じているけれど、一歩外へ出ればどんな事が起きるか、どんな人に出会うかわかりません。

 

色々と怖い事件が起こる時代ですから、気をつけて気をつけすぎるという事は無いと思っています。

 

心配性とか過保護とか言われてしまうかもしれませんが、手をかけて心をかけていれば、愛情というバリアが悪いことからNを守ってくれると信じています。

 

私がもっと高齢になったら、自分の事で精一杯で、Nの事はあまり考えられなくなるのかもしれません。

 

してあげられる事も減るでしょう。

 

福祉にお任せするしかない日もやってきます。

 

そう思うと悲しくなりますが、それが老いるという事の現実なのかもしれません。

 

だからこそ、私が元気でいられるうちは、生きていられるうちは、Nにできるだけの事をしてあげようと思っています。

 

その為にも、健康寿命を1日でも長く延ばしたいと願っています。

 

からもも