からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

発達障害の子育て経験<17> 心の成長

f:id:karamomonikki:20181115151658j:plain

こんにちは😃  からもも  です。

 

私の子供 Nは発達障害

知的障害のある自閉症です。

今はもう成人し働いています。

 

初めての方はこちらもお読みいただけると嬉しいです。↓

 

www.karamomonikki.fun

 

実母の死

 Nが6歳の時に、私の母が急死しました。

小学校入学式の前夜のことでした。

 

体調が悪いことは聞いていましたが、まさか死んでしまうとは夢にも思っていなかったので、実家からの電話を受けて私は混乱し、泣き崩れてしまいました。

 

子供たちは、いつになく取り乱し泣いている母の姿に驚いていたと思います。

 

三歳になったばかりの娘は

「お母さん、どうしたの?おばあちゃんが死んじゃったの?」

と言いながら、私の膝の上に乗り抱き着いてきました。

 

娘を抱きしめながら泣いている私を、Nはじっと見つめていましたが、何が起こったのか理解はできていなかったと思います。

 

言葉の理解も弱く、単語か二語文くらいしか話せなかった頃のことです。

 

しばらくはじっと立ち尽くしていましたが、そのうち私のそばから離れて行きました。

 

やはりNは私が泣いていても何も感じないのかもしれない、変化に弱い自閉症ですからいつもと違う状況が嫌で、私から離れ他の部屋に行ってしまったのだと思いました。

 

ところが、Nはすぐに戻ってきたのです。

そして、洗面所から持ってきたタオルで、私の涙を拭いてくれました。

 

「N、ありがとうね」

ますます涙が溢れました。

 

おしゃまな娘のように、言葉で伝えることはできないけれど、Nは涙を拭いて私への優しさを示してくれたのです。

 

はじめてNの心の成長を感じた出来事でした。

 

悲しかったけれど 

 母の急死はとても悲しく辛い出来事でしたが、自分でも驚くほど早く立ち直ることができました。

 

なぜなら子供たちの優しさが立ち直らせてくれたからです。

 

特にNが涙を拭いてくれたことが私に母としての自信を与えてくれました。

 

心の成長が遅いと思っていたNがなぜ涙を拭いてくれたのか?

 

子供たちが泣いた時、私がタオルで涙を拭いて、あやしたりなぐさめたり、そんな日々の子育ての積み重ねがNの心を成長させたのだと思いました。

 

その頃のNはまだ多動で問題行動も多く、私を困らせてばかりでした。

でも、そんなNの心も確実に成長していることを感じました。

 

泣いている場合ではない、自分の子育てに自信をもって、この子たちの母親として頑張って生きていかなければ。

 

私が娘を卒業し、母として強くなろうと思えた出来事でした。

 

 全ての成長の基盤

心の成長はすべての成長の基盤だと私は考えています。

 

Nを育ててきてそう感じました。

 

例えば、小さい頃の自閉症では言葉が出ているかどうかがとても気になることと思います。

 

しゃべれる子が羨ましかったり、言葉さえ出ていれば、もう少し生活しやすくなるのに…と思ったりすることもあると思います。私もそうでした。

 

でも、言葉があっても独り言ばかりだったり、自分の興味のあることばかり一方的に話すだけではどうでしょう?

 

誰かにこれを伝えたいという心の成長がなければ、コミュニケーション手段としての生きた言葉の成長はないと思うのです。

 

また、自転車の練習をするとします。

乗れるようになりたい。

その為に頑張ろう。

練習が楽しい。

お母さんに褒められて嬉しい。

 

そんな心の成長が有れば、イヤイヤ練習するよりも早く乗れるようになり、上達も早いのではないでしょうか?

 

 

心の成長は教えられるものではありません。

勉強を教えるよりも難しいことかもしれません。

 

一朝一夕に成長するものではなく、

家族とのふれあい・先生や友達とのかかわり・その他多くの人との出会いの中で色々な経験をし、少しずつ少しずつ育まれていくものだと思います。

 

以前もブログに書きましたが、脳はプラスの感情を持った時に発達するという説を私は信じています。

 

嬉しい、楽しい、美味しい、○○が好きなど、プラスの感情を持てるような経験をNにはたくさんさせてあげたいと思っています。

 

成人した今でもNに心の成長が感じられます。

 

最近では、赤ちゃんや小さなお子さんと接する機会があり、興味を持ったり可愛がったり出来るようになりました。

 

遅くても、時間がかかっても自閉症の子供は確実に成長していきます。

 

大変な事が多いだけに、成長を感じた時は、より嬉しいのが自閉症の子育てだと思っています。

 

からもも