からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

発達障害の子育て経験<15>普通級を選んだら④

f:id:karamomonikki:20181115151658j:plain

こんにちは😃  からもも  です。

 

私の子供 Nは発達障害

知的障害のある自閉症です。

今はもう成人し働いています。

 

初めての方はこちらもお読みいただけると嬉しいです。↓

 

www.karamomonikki.fun

 記録を残す

 

 

以前⬇️の記事で将来のために記録を残しておくことをおすすめしました。

 

www.karamomonikki.fun

 

過去記事と重複しますが、改めて書いておきます。

 

Nの場合は小学校から高校まで障害クラスにいましたので、先生と家庭との日々のやり取りがあり、保育園の連絡帳も含め約15年間、ほぼ毎日の記録が残っています。

 

成人してから障害基礎年金の申請書類を書く際に、その記録がとても役に立ちました。

 

でも、普通クラスの場合は連絡帳はあっても、先生と日々のやり取りまではないと思います。

 

そこで、個人的に記録を残すことをおすすめしたいと思います。

 

毎日書く必要はありません。

 

例えば月一でも学期ごとでもいいので、何年生のこの頃はこんな事に困っていたとか、こんな症状があったとか、またこんな事が出来るようになって嬉しかったとか‥

 

あまり気負わずに自分だけの育児日記のようなものでもメモでもいいと思います。

 

特に障害の医療の記録は残して下さい。

障害基礎年金の申請の時には初診証明(自治体によって名称は違うのかもしれません)が必要です。

 

また複数の医療機関に通った場合も、記録に残して下さい。

 

ブログ

 

今ブログをやっている方は、もうすでに子育ての記録が残っていますね😊

 

余談ですが、わたしが子育てに大変だった頃はブログは無かったし(あったのかな?でも一般的ではなかった)もし、あったとしても、わたしには余裕がなくてできませんでした。

 

だから、今ブログで発達障害の子育ての事を記事にされている方々は、素晴らしいと思って読ませていただいています。

 

何十歳も年下の皆さんですが、尊敬しますし、いつも心の中で応援しています💓

皆さん、優しく賢く頑張り屋さんで素敵なお母さんです。

ご自分に自信を持って子育てして下さいね。

 

ただ、頑張りすぎは禁物です。

いつも、こればっかり言っていますが、お母さんの健康と笑顔がお子さんにとって何より大切です😊

 

お子さんのお世話が大変だったら、家事で手抜きをして疲れすぎないようにしてください。

 

時にはお子さんを預けてご自分の時間を作って、ストレスをためないようにしてください。

 

頑張りすぎて具合が悪くなったら本末転倒です。

 

どうぞご自分のことも労わってくださいね♡

 

 

 

 

話しを戻しますが、記録の大切さについての七子さんの記事をご紹介させていただきます。私の記事よりずっとわかりやすいので是非読んでくださいね。↓

 

www.rainbowshow.net

 お子さんがまだ小さなうちから、色々な事を受け止めて、将来も見据えた準備をなさっていて素晴らしいと思っています。

 

 

まとめ

 

お子さんがまだ小さい場合は、日々のことで精一杯で先のことは考えられないかもしれません。

 

また、私もそうでしたが、あまり先のことは考えたくないと思うこともあるでしょう。

 

そんなに早いうちから具体的に将来の事を考える必要はありませんが、 社会に出てからのお子さんの姿を少しだけイメージして、もしもの場合に備えた子育てをすることは必要なのかなと思っています。

 

義務教育は必ず受けられるし、高校・大学も学校に応じた学力があり、お金を払えば通わせてもらえるわけです。

 

でも、社会に出て働き始めると状況は違ってきます。

 

勉強はできたけれど、仕事は上手くいかない、人間関係が原因で仕事が続かないというような話も良く聞きます。

 

そうなった時に頼るところがなかったり、お金に困ったりしないように備えてあげることも親としての務めではないでしょうか。

 

今回は「普通級を選んだら」というテーマで、もしもの場合の備えという観点からいろいろ書かせていただきました。

 

読んでいて将来が不安になったり憂鬱になってしまったら申し訳ないので、書くことに正直私も迷いがありました。

 

でも、小さなお子さんには限りない可能性があります。

 

もしもの場合に備えつつも、明るい未来をイメージしながら頑張ってください。

 

障害があっても、幸せでいることはできます。

 

私自身も子育て中は悩んだり落ち込んだりしながら生活してきました。

 

でも今となってはNが自閉症で良かったと本気で思っていますし、とても幸せです。

 

Nも幸せだと思います。

 

 

 

皆さんのこと、いつも応援しています♡

 

 

 

 

からもも