からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

発達障害の子育て経験<12 >私の宝物

f:id:karamomonikki:20181115151658j:plain

こんにちは😃  からもも  です。

 

私の子供 Nは発達障害

知的障害のある自閉症です。

今はもう成人し働いています。

 

初めての方はこちらもお読みいただけると嬉しいです。↓

 

www.karamomonikki.fun

 

皆さんの宝物は何ですか?    

家族や子供と答える方が

多いのではないでしょうか?

 

でも、物に限ると言われたら

少し迷いませんか?

 

でも私には

迷わず即答できる宝物があります。

 

それはNの成長記録

保育園の連絡帳から始まり

高校卒業までの

約15年間の記録です。

 

自分の意志では続かなかったと思いますが

Nはずっと

障害児だけのクラスに通っていたので

先生との連絡が必要でした。

 

私が家庭での様子を書き

先生が学校での様子を書いて下さる

私が困った事を書くと

先生がアドバイスして下さる

私が嬉しかった事を書くと

先生も一緒に喜んで下さる

 

まるで交換日記のようですが

そうやって

Nの成長の記録が残りました。

 

良い事も悪い事も

嬉しかった事も悲しかった事も

今では記憶にない事も

そこにはたくさんの思い出が

詰まっています。

 

普段はNの机の下の棚にあり

滅多に見る事はありません。

 

時々、必要に迫られて読んでみると

大変だった時期を思い出し

辛くなってしまう事もあります。

 

この頃は

こんな事も出来なかったのかと

ビックリする事もあります。

 

 

でも今のNは

明るくて穏やかで

笑顔が多くいつも楽しそうです。

自分の事はなんでも自分でやり

身辺の自立もしっかりしています。

真面目に働き、少ないけれど

お給料をちゃんと渡してくれます。

それでいて自分はそんなに使いません。

 

他のきょうだいよりも

ある意味ずっとしっかりしています。

 

Nの成長のお陰で

私も今は穏やかに幸せに

暮らせています。

 

だから成長記録の中に

辛い思い出が詰まっていても

あの頃を乗り越えたからこそ

今がある

私は、良く頑張った!

そう自分を褒めて

労わることが出来ます。

 

Nの成長の記録は
母親である私の

成長の記録でもあるのです。

 

 

 

なんだか今回も

親バカ炸裂になりましたが

ここからは

ちょっと現実的なお話です。

 

障害があると、20歳になってから

障害基礎年金の申請をする事になると思います。

その際、何種類かの書類の提出が必要です。

その必要書類を記入する上で、

Nの成長記録がとても役に立ちました。

特に受診の記録はあった方が良いと思います。

ここで言う受診は障害の為の受診で

内科とか耳鼻科とかではありません。

毎回の受診の記録までは必要ありませんが、何歳の時にどこの医療機関に通っていたか、複数の医療機関にかかったなら

全部を記録しておいた方が良いと思います。

特に最初に診断を受けた医療機関の事は覚えておいて下さい。

 

まだ、小さなお子さんを育てていらっしゃる場合は遠い先の事ですが

頭の片隅に置いて頂ければ幸いです。

 

からもも