からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

子育ては互いの気遣いで気持ちよく

 

f:id:karamomonikki:20181126091115j:plain

 

 

こんにちは😊 からもも です。

 

 

この三連休中にファミリーレストランで食事した時のこと

隣のテーブルには幼いお子さん2人を含むご家族が座っていたのですが、小さい方のお子さんが時々とても大きな声で叫んでいたんです。

 

こちらが ビクッ としてしまうほど大きな声でした。

 

最初は機嫌が悪いのかと思っていたのですが、チラッと様子を見てみると、ニコニコしながら大声で叫んでいます。

 

どうやら、ご機嫌で興奮して叫んでいるようでした。

 

高級店での食事中ならば、いかがなものかと思いますが、ファミリーレストランですから小さいお子さんもいて少しくらいうるさくても当たり前、大きな声も許容範囲だと思い、あまり気にもしていませんでした。

 

何より、その子が大声を出すたびにご両親が

声が大きすぎるよ

もっと小さい声で‥

ここはお家と違うのよ

などとちゃんと注意をしていたので、それでも大きな声を出すお子さんが子供らしくて微笑ましいとさえ思っていました。

 

そして、先に食事を終えたそのご家族が帰る準備を始める前に

お母さんが私たちに向かって

「うるさくてご迷惑をおかけしました。すみませんでした。」

と頭を下げてご挨拶してくださったのです。

 

私は

「いえいえ、大丈夫ですよ。元気が良くていいですね😊」

 

と返し、その子にバイバイと言うと、知らない人から話しかけられキョトンとしていましたが、ちゃんとバイバイと手を振ってくれて、私も気持ちよく見送ることができました。

 

でももしも、大きな声を出した子供に注意をせずに、いつもの事と放って置き、そのまま帰って行ったなら、

 

うるさかったな〜

なんで注意しないんだろう

まったく今時の親は‥

 

なんて、モヤモヤしたかもしれません。

 

 

小さな子供が騒いだり、泣いたり、暴れたり、他人に迷惑をかけてしまうのは、ある程度は仕方ありません。

 

子供は小さな頃からいつも良い子でいられるわけではないのです。

 

大人は忘れているけれど、自分だって周囲の人に多少の迷惑をかけながら成長してきたはずです。

 

でも、そんな時に親御さんがどういう対応をするかで周囲の人の気持ちも違ってきます。

 

子育て中は感覚が麻痺してしまい、子供だから仕方ない、当たり前と思ってしまいがち。

 

ファミリーレストランで遭遇した親御さんのような気遣いがあれば、周囲も気持ちよく子育てを応援できると改めて感じた出来事でした。

 

 

からもも