からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

50代 でダイエット!マイルールで8キロ減量した経験

f:id:karamomonikki:20181112115802j:plain

こんにちは (^^)  からもも  です。

 

 

今回は

50代に入ってから初めて本格的なダイエットに取組み

8キロ減量した経験について書いてみたいと思います。

 

私は専門家ではないので、この方法が良いのかどうかはわかりません。

あくまで個人の体験談としてお読みいただければ嬉しいです。

 

 

ダイエットまでの経緯

 20代、30代の頃は有難い事に食べてもあまり太らない体質でした。

食べたいだけ食べていましたが太ることはありませんでした。

 

ところが40歳を超えた頃からだんだんと太りやすくなってしまったんです。

 年齢とともに代謝が悪くなるわけですから当然かもしれません。

 

体重計にはマメに乗るようにしていたので

太ってきたと自覚はしていて、ある時期からは痩せたいと思っていました。

 

でも食べることが大好きなので、なかなかダイエットを実行できませんでした。

 

食べたい気持ち 痩せたい気持ちが

戦って、食べたい気持ちが 勝っていたんだと思います。

 

食べる喜びを捨ててまで痩せなくたっていいや‥なんて思っていました😅

 

そして50代に入り、気がつけば、40歳の時から8キロえていて

人間ドックの腹部超音波では

脂肪肝の所見もみられるようになってしまいました。

 

ここで初めて、

 

これ以上は絶対に太りたくない!

食べる喜びより痩せることが優先!

健康の為にもダイエットする!

 

そう決心することが出来ました。

 

ダイエットの方法を模索

 決心はしたものの、それまで本格的なダイエットの経験がなく

どうやったら良いのかわかりません。

 

ただ、

〇〇だけを食べる  とか

〇〇は食べない           とか

そういう方法は良くないんじゃないかと感覚的には感じていました。

 

まず始めに、50代ダイエット

のワードで検索してみました。

すると、こんな記事を見つけました。

 

50代で私のように家事中心の運動量の人が

1食 400㎉ にすると

1ヶ月で 2キロ 痩せる

と いうような内容でした。

 

そっか〜   400㎉ か〜

1ヶ月で2キロくらい痩せるのはちょうどいい気がする

これまた感覚的に感じました。

 

これに決めた!

 

でも 400㎉ は少しキツイので 400〜500㎉ でいいことにしました。

 

カロリー計算ができない!

そしてカロリーを意識して食べる生活がはじまりました。

専業主婦なのでお昼は家で冷凍食品レトルトを利用することもあるのですが

必ずパッケージの裏に書いてあるカロリー表示で確認して400〜500㎉ になるように

量を調節したりして食べました。

 

でも困ったことがありました。

 

自分で作る料理はカロリー計算が出来ないのです

やれば出来るのかもしれませんが、面倒くさがりでズボラな私には出来ないんです。

しかも、料理は好きでも得意でもないので、自分の分だけダイエットメニューで作るなんて、とても出来ません。

 

そこで私は、

食べる物はそれまでの食生活と変えない

カロリー計算をしたり、ダイエットメニューを作ったりしない

その代わりに

マイルールを作って、それを守る という方法をとることにしました。

 

<マイルール>

1. 一食の基準 400〜500㎉

2. 自分で作る食事は

     ・ご飯は  100g(約170㎉)

     ・おかずは家族の半分

3. ご飯物は 150g 以内

       (カレー・チャーハン・丼もの)

4.  乾麺は 50g

5.  おやつは 200㎉ まで

6.  外食は 600㎉ 基準

 

この6つの マイルール を守ることでダイエットをスタートさせました。

 

 

アプリで記録

毎日の体重を記録する為にスマホダイエットアプリを入れました。

私が使っていたのは

シンプルダイエットというアプリです。

朝起きてトイレに入ったら計量してスマホに入力。

折れ線グラフになるので一目瞭然。

体重が減ってくると嬉しいのでモチベーション維持に役立ちました。

 

 

マイルールの効果は?

食事のマイルールを守ることで体重は順調に、1ヶ月で2キロくらいのペースで減っていきました。

 

停滞期も初体験

体重は順調に減っていましたが、ある程度減ったところで停滞期がやってきました。

停滞期についてはテレビのダイエット企画などで観て

生命を守るための体の危機管理システム

と知っていたので

「わぁ〜、私の体にもちゃんと危機管理システムがあった!」

と感激しました(笑)

そうは言っても体重が減らない日が続くと、だんだん嫌になってきます。

どうせ減らないなら好きなだけ食べた方がいいかな‥なんてヤケになりそうな時もありました。

でも、ここでヤケになって ドカ食い したら元も子もなくなってしまいます。

ヤケになりそうな気持をグッと抑えて、淡々と粛々と マイルール を守ることに専念しました。

私の場合は停滞期がピッタリ2週間で終わり、また体重が減りだしました。

1年間で3回停滞期を経験しましたが、いずれもピッタリ2週間、不思議ですね。

こうして、停滞期マイルールで乗り越えることが出来ました。

 

冬はダイエットお休み

夏の終わりから始めたダイエット

秋が終わる頃には5キロくらい減っていました。

そして、冬はお休みしました。

 

なぜなら、冬は脂肪があった方が暖かいから😅

それと理由はもうひとつ、

冬はご馳走を食べるイベントが多いからです😅

クリスマス・忘年会・お正月・新年会

楽しいイベントが目白押し。

そんな時に私だけご馳走食べないなんて出来ないし、家族や友達も白けると思うので

ダイエットはお休みしました。

でもリバウンドしてしまったら、また1からやり直しになってしまいます。

今までの努力が無駄にならないように、体重維持には気をつけました。

 

 

春からダイエット再開

そして完了

暖かくなりダイエットを再開しました。

また、マイルール淡々と粛々と守り続ける日々が始まりました。

そして春から夏までの間に約3キロくらい減って

ついに40歳の時の体重まで、合計で8キロ 減らす事ができ、

私のダイエットは完了しました。

 

 

まとめ

50代ではじめて取り組んだダイエット

自分としては大成功だったと思っています。

40歳の頃の体型を取り戻しただけでなく、何事もやれば出来る

 という自信も手に入れる事が出来ました。

このブログを始める時も、自分に出来るのか不安でしたが

ダイエットできた経験を思い出し、踏み出すことが出来ました。

よく、ダイエット 節約 は似ていると言いますよね。

本当にそうだと思いました。

淡々と粛々と努力を積み重ねた先に良い結果が待っていることを

ダイエットから学びました。

これから先の人生にもダイエットの経験で学んだことを活かしていこうと思います。

ちなみに今も体重維持する努力は続けています。

 

 

 からもも