からもも日記

50代の専業主婦が日常生活の中で感じたこと、考えたこと、主婦として母として今まで経験したことを綴ります。

50代他人の老いがショックだった話し

f:id:karamomonikki:20181018172347j:plain

こんにちは😃   からもも  です。

 

11月に入り、朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。

冬の足音が近づいていますね。

 

 

 

10年くらい前、私がスポーツクラブに通っていた時

時々お見かけする60代くらいのご婦人がいました。

(おばさんというよりはご婦人という感じの方でした。)

 

服装に特徴があったので印象に残り

人に興味のある私にとっては気になる存在でした。

 

カジュアルな服の人が多い中で、

その方はスーツっぽいキチッとした服装が多かったんです。

 

平日の昼間なので主婦層が多かったのですが、

もしかしたら経営者とか自由のきくお仕事をされていて

その合間に通っているのかな?

なんて勝手に想像したりしていました。

 

スポーツクラブ以外の場所でもお見かけした事があったので

生活圏が近い方だったんだと思います。

 

その後、私はそこのスポーツクラブをやめて、

その方をお見かけすることもなくなったのですが、

先日、買い物していて何年かぶりでお見かけしたんです。

 

ご主人と思われる男性と二人で買い物をしてらっしゃいました。

ご主人は髪が真っ白でずいぶん年上にみえましたが

もしかすると女性は白髪を染めるので同じくらいでも

男性より若く見えるのかもしれません。

 

あまりジロジロ見ては失礼なので

さりげなくチラチラ見ていたのですが😅

赤の他人の私にとっても ショック なことに気がつきました。

 

そのご婦人が をついて歩いていたんです。

 

10年前は同じスタジオレッスンに参加していました。

60代でスポーツクラブに入っていたということは

健康管理の意識が高い人だったはず。

 

それなのに、今は をついて歩いている。

 

10年の歳月でそれだけ老いてしまったということが ショック でした。

 

 

自分は10年後、どんな感じになっているんだろう?

元気でいられるのかな?

更年期が終わりむしろ今よりも元気かな?

シャキシャキ歩けているかな?

シワ たるみ はどの程度かな?

髪は真っ白かな?

 

10年後の自分に思いをはせて

いろいろなことを考えてしまいました。

 

老いは誰にでも訪れる現実

50代の私も日々老いを感じています。

そして更なる老いに不安も感じるのです。

 

人生100年時代と言われているけれど

寝たきりで生きているのは自分にとっても

周囲にとっても大変なこと

 

元気な状態で長生きしたい。

できれば若々しくありたい。

 

 

そのためには日々の努力が必要です。

 

毎日、コツコツと、粛々と努力しよう!

 

そう、改めて思いました。

 

健康寿命を延ばすための私の努力は続きます。

 

 

 

からもも